貘さんの展覧会「貘展」のこと

2013.12.7

12.7(土)〜12.16(月)
13:00〜19:00 12.9(月)はお休み
書肆サイコロ(東京・高円寺)

沖縄の詩人、山之口貘さんの展覧会に写真を1点
展示販売させていただきました。
久高島の写真をアフロアトリエの松平さんにお願いして
プリント額装していただきました。
「貘展」はこのあと、大阪、沖縄と巡回する予定です。
また詳細お知らせいたしますので、
よろしくお願いいたします。


↑click here

「沖縄すたこら日記 10」の写真を担当しました

2013.12.1

季刊サルビア31号(12月1日発売)の
連載「沖縄すたこら日記」の写真を担当しました。

沖縄の詩人「山之口貘」さんの直筆推敲原稿を撮影しました。
沖縄県立図書館にはたくさんの原稿が保存されています。
推敲の鬼とも言われていた貘さん。
机に座ってもくもくと(きっと近づけないオーラを発しつつ)
推敲していた姿を想像しながら。


↑click here

雑誌『edu』(小学館)10月号に写真が掲載されました

2013.10.18

小学館『edu』37pに写真が掲載されました。
石垣島、白保の集落で撮ったものです。
どうぞご覧下さい。


↑click here

「沖縄すたこら日記 9」の写真を担当しました

2013.9.1

季刊サルビア30号(9月1日発売)の
連載「沖縄すたこら日記」の写真を担当しました。

月は悲しくなるから、あまりみないほうがいいよって
言う人もいますが、美しいと心ふるえることに
なんの罪もないと思います。
月をみるときは、もう今生では会えないあの人やあの人を
思い出しています。


↑click here

「沖縄すたこら日記 8」の写真を担当しました

2013.6.1

季刊サルビア29号(6月1日発売)の
連載「沖縄すたこら日記」の写真を担当しました。

ここ数年の食に対する意識は、今まで以上に個人によって 大きな差がうまれているように感じます。
大人は好きなもの食べたっていいんです。
自分の意志で選べるし、自分で自分に責任を持てるから。
そうはいっても、小さな人は大人から与えられるしかない。
じゃあ、何を食べましょう?


↑click here

「沖縄すたこら日記 7」の写真を担当しました

2013.3.1

季刊サルビア28号(3月1日発売)の
連載「沖縄すたこら日記」の写真を担当しました。
今回は読谷村にある水円というパン屋さんにて。
本当に大切にしたいことってなんだろう、と考えながら
沖縄での暮らしを過ごしています。
おいしいパンをいただいて。
命の粉と水と酵母。
ごちそうさまでした。


↑click here

白井商店の『旧暦のある暮らし展』に写真で参加しました

2013.1.18

2013年1月18日(金)〜1月23日(水)
12:00-19:00(最終日17:00まで)
フラスコ(東京・神楽坂)にて開催された
『旧暦のある暮らし展』に久高島で撮影した4枚の写真を
展示しました。

そのあと、『日本の七十二候を楽しむ -旧暦のある暮らし-』として
2013.2.1(金)-2.24(日) phteah(大阪)にて巡回展を。

多くの人にみていただけてしあわせな写真たち。
足を運んでくださったみなさま、ありがとうございました。